東秩父村のお客様 畳の張り替え ブルーの亀甲柄(吉祥文様の一つ)

畳替え施工例

東秩父村のお客様の張り替えをさせていただきました。

熊本産の糸引き表に、吉祥文様のひとつ亀甲柄の白馬№2です。

畳縁は、着物と同様に吉祥文様が多く使われており他にも麻の葉・市松・紗綾型・霞・雲取りなどがあります。

人気アニメの「鬼滅の刃」の主人公の市松柄や妹の麻の葉柄の着物などもそうですね (^-^)

奥の畳が違う色に見えますが、すべて同じ畳表を使用しております。

畳の敷いてある向きが他と違うため、畳の目の向きが変わり光の反射により違う色に見えています。

この視覚効果を利用したのが、半畳サイズで敷く縁無し畳・琉球畳です。

この度は誠にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました