新築住宅の畳スペース 琉球畳を黒系の畳表「ダイケン墨染色」で納めました。

琉球畳 施工例

ダイケン健やか表の清流シリーズの、目積織り墨染色(すみぞめいろ)の琉球畳です。

目積織りは、通常の畳表より1目が細かく縁無し畳用に多く用いられる織り方です。

墨染色というと、強い黒のイメージがあると思いますが周囲の色により印象も変わります。

セキスイのブラックと比べると黒味が薄く、名前の通り『墨の色』という感じです。

光の差し方や見る角度で、色味が濃さも変わって見えます。

琉球畳のカラーはベージュ系の淡い色が人気ですが、黒系や紺系を好まれる方も多いです。

インテリアや家具の趣味により好みも様々ですね (^-^)


墨染色の施工例ブログ

黒色の琉球畳・縁無し畳 墨染色の市松敷き 2色にように見えます)                 (琉球畳 ダイケン 墨染色(黒)と銀鼠色(灰色)の2色組み合わせ)                    
黒色の畳 ダイケン 墨染色に墨染色の畳縁を付けて

タイトルとURLをコピーしました